FENIX L2D CE Premium Q5

自転車用ライトとして大活躍している FENIX L2D CE ですが、現在、同L2Dシリーズの中で最大光量を有する FENIX L2D CE Premium Q5 (MAX180ルーメン) で別色のオリーブグリーンが出たようです。 (正確にはいつの間にか出てたようです・・)


FENIX L2D CE Premium Q5 オリーブグリーン


一応、↑がその写真ですが、あんまり分かりませんね・・ まぁ、従来の真っ黒とはちょっと違うかな?くらいで。 でもこの写真では映ってませんが、もしかしたらテールスイッチのゴム部がオレンジ色です。 Q5以外のL2dシリーズでもこの色が展開されているかは不明です。 すみません・・。

先日、FENIX L2D CE を購入した際は、電池消費も考えた上で「ほどよい明るさ」を狙って結局一番ルーメン数の低い、ノーマルのCEを選びました。 そしてターボモード(135ルーメン)は使わずに、2番目に明るい状態(80ルーメン)で使用しています。

ちなみに、ノーマルの FENIX L2D CE (CE) と FENIX L2D Premium 100 (P100) と FENIX L2D CE Premium Q5 (Q5) の光量の違いはこんな感じ↓
FENIX L2D 比較表 これを見るとP100やQ5ってすごいですね。
CEのTurboモード(135ルーメン)でさえも、街中走行中に使うには気が引けるほどの明るさなのに・・。 実際使ってないですし。

でも逆にQ5のGeneralモードMAXの107ルーメンって結構良いかもですね。 体感的にCEの135ルーメンと80ルーメンのちょうど中間くらいというのが凄くちょうど良さそうな気がします。


でも実際L2Dを使ってみて思ったんですが、被視認性ってどうなんでしょ? 正直、自転車用のしょぼいライトで点滅モードで走ってた方が走りやすかった気がしないでもないです・・ いや、もちろん視界は以前より比べ物にならないほど良好ですよ? でもなぜか危険な目に合う確率が増えた気がする・・

うーん、やはりライトは複数を併用するのが良いかもしれませんね。

FENIX L2D CE Premium Q5” への2件のコメント

  1. L2D Premiumを通勤で使ってます。
    ある程度明るいライトって、CR123Aを除外してAAやAAAを使用するライトに絞ると割りと選択肢が限られますよね。
    暗い夜道だと100ルーメンほどあると安心ですので段階3で常用してます。
    Phenix本家サイトからPaypal個人輸入がお勧めです。割引してるし円高だし。
    ところで無くした筈のP100が先日出てきて、買ってしまったQ5と2本になっているのですが、P100のがワイドに照らすので自転車向きでした。ダイオードの位置など、設計が異なってます。

  2. GAGAさん、コメント有難う御座います。

    P100とQ5の照射範囲が違うというのは初耳でした。
    となるとP100がベストなのかもしれませんねー。
    今使っているCEを無くした(?)ら検討してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>