OGK CX-R スポンジグリップ を購入

OGKのスポンジグリップ(CX-R)を購入しました。
ふとグリップを替えてみようかなぁと思いまして。 
 
 
OGK CX-R スポンジグリップ
 
 
あ、でも ショーグリEx 用じゃなくて、サブで使ってるクロス用です。 ショーグリの方はグリップじゃなてバーテープですしね。
 
とりあえず、黒でシンプルで安ければ何でも良かったんですが、それまでのラバーグリップが割と硬くて衝撃がキツイと感じることがあったので、今回はスポンジグリップにしてみようかと。 特にOGKのスポンジグリップは割と評判も良く、そして軽かった(片方15gだとか)のでこれに決定。 まぁグリップに関しては軽さは別にどうでも良かったんですが。
 
で、早速交換してみました。
古いグリップはもうボロボロだったんで棄て。 なので外すのは簡単。 カッターで切れ目を入れて引き裂いて終わり。

問題は入れる方。 エアースプレー等をうまく使うと簡単らしいですが、そんな都合の良いもんがあるわけもなくかなり苦戦しました。 内側に油を塗ったり、水で塗らしたりすると簡単に入るとの話もありましたが、なんとなく衛生上嫌だったんで自力でいきました。 手のひらにマメが出来るほどてこずりましたが・・。
 
で、乗ってみましたが、苦労の甲斐あってか?乗り心地は良好。
今までは衝撃が嫌で無意識に避けてたような細かい段差も、スポンジ効果であまり気にならなくなった・・気がします。 これなら 時計 にも優しいハズ。
 
もうあの苦労は二度と味わいたくはないですが、まぁ結果的には大満足。 替えてよかったです。
 
 
あ、そういえば良く分からなかったのがエンドキャップ。
このスポンジグリップにセットで付いてたんですが、これってハンドルバーエンドに付ける用ですよね!? でもどう見積もっても径がでか過ぎるんです。 入るワケがない。 ハンドルバーの太さが違うから付けられないのかな?とも思いましたが、逆にこれ以上ハンドルバーが太かったらスポンジグリップ自体が入らないハズ。

とりあえずなんか悔しかったので、エンドキャップの差込部をヤスリで削りまくってなんとかハメてやりました。 差込部の径を半分くらいまで削ってやっと入りましたよ・・ これ絶対使い方間違ってますよね・・!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>