アクアタイマー復活・・・?

先日、故障のためにあえなく本国送りとなった アクアタイマークロノ ですが、実は今手元にあります。
 
なぜでしょうか・・!? なぜだと思います?

見積もり額があまりに高すぎたためとりあえず修理は保留にしてもらった、もしくは深刻な故障のため修理不可だった・・・ で、見積もりだけ終えて返ってきた、とか思いますよね?
 

ところが違うんですよ。
 
なんともう完全に修理を終えて戻ってきたんです。 なぜか。
正直私にも良く分かりませんでしたが、とにかくこの通り、今現在も元気に動いております。
 
 
アクアタイマークロノ 3719_33
 
 
まず修理に出した時の話では、とりあえず送ってみないと何とも言えないので見積もりだけで1ヶ月弱かかりますと。 で、その見積もり額で修理するか否かを判断して下さいと。 で、修理するならそっから更に数ヶ月はみて下さいと。 こんな話でした。 ちなみに見積もり後にキャンセルした場合も送料等で手数料8千円はかかるとのことでした。

で、確かに1ヶ月弱くらいで見積もり完了の連絡があったわけです。
 

店 「先日お預かりした時計の件ですが・・・云々」
店 「購入から2年未満となっておりますので、無償にて・・云々」
私 「!!」
店 「早速修理作業に入っておりますので7月中頃にはお渡しできるかと・・・云々」
私 「!!!!!」
 
 
もうびっくりしました。
無償な上に7月に出来るなんて、もう完全に真逆じゃないですか!
意味は分かりませんでしたが、とにかくそういうことらしいです。


で先日、お店の方に届いてるので取りに来てくれとの連絡があったので行って来ましたよ。 かなりドキドキしつつ。 だって無償ってのは店員さんの勘違いで本当は○○円かかります、とか言われかねないので・・。 いや、そもそも他の誰かの時計と間違えてるんじゃ・・? とかもよぎりますよね。 そりゃ。

 
結果、もちろん問題なし。
しかも、これはしょうがないだろうと思っていた手数料の8千円までナシ。

しかもしかも、分解ついでに中を軽く掃除してくれたらしい。 さすがにオーバーホールしたって意味じゃあないと思いますが・・ (でも掃除ってなに!?)。 ま、見えないですけど。

あと軽く研磨もしてくれたらしく、ベゼルにあったちょっと目立つ小傷が完全に消えてました。
 
 
アクアタイマークロノ 3719_33
 
 
密かに汚れていた裏蓋も小奇麗に。

というか研磨とかって、オーバーホール時に別料金でやってもらったりするもんなんじゃ!? なんか無償修理なのに恐縮です・・。


まぁとにかく、結果的には何もかもが最高でした。
というかIWC最高です。

これで今夏もアクアタイマーにバリバリ活躍してもらえます。
 
 


10万くらいまで覚悟してた修理費が浮いちゃった・・   フヒヒ・・・

アクアタイマー復活・・・?” への2件のコメント

  1. 無事生還、おめでとうございます。
    それにしてもIWCの対応は素晴らしいですねー。
    浮いたお金で。。。って考えてしまいません?

    AWにはマルジェラのマックイーンパンツが久しぶりにウール100で出るとか。
    全般的に値下がりしてるようですし財布の紐がゆるゆるの予感です。

  2. Patchouliさん、有難う御座います!
    IWCに惚れ直しました。

    浮いたお金で・・ って考えちゃいますよね~。
    いや、実際考えました。 マーク15買っちゃおうかなぁとか・・。
    とりあえずは秋冬の出費が読めないので抑えてますが。

    案の定、マルジェラのAWやばそうですしね・・。
    ウールのマックイーンパンツかなり気になります・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>